人気ランキング
厳選比較

コエンザイムQ10の生活習慣病効果って?

現在、コエンザイムQ10は美容効果の方が世間の認知度が高いですが、そもそもコエンザイムQ10は医薬品としてのみの取り扱いがされていました。
2001年になってから医薬品としてだけではなくサプリメント等への使用が可能になり、その事によってコエンザイムQ10が広く世の中に知られる様になったのです。
心臓病等の生活習慣病は活性酸素と関わりが深いと言われています。

活性酸素そのものは身体をウイルス等から守る為に必要なのですが、活性酸素が働き過ぎてしまうと身体の中の細胞はもろくなり生活習慣病へのリスクが高まってしまうのです。
コエンザイムQ10はコエンザイムQ10自体にも抗酸化作用があり、また身体の中の活性酸素をコントロールする働きも担っています。
コエンザイムQ10はもともと人間の心臓の筋肉、骨格筋、肝臓、腎臓等、身体の中に存在している成分ですが20代を境に身体の中で生産されるコエンザイムQ10の量が減っていってしまい働きも弱くなってしまいます。

その結果、年齢を重ねると生活習慣病になりやすくなってしまうのです。
生活習慣病を予防するには日頃から暴飲暴食や運動等生活習慣を気を付けましょう。
コエンザイムQ10は肉、魚、チーズ、ホウレンソウ等に多く含まれていますが、食事だけで必要量を摂取するのは難しいと言われています。

ですからコエンザイムQ10をサプリメントで補充する事も有効な手段の1つと言えるでしょう。

トップに戻る