人気ランキング
厳選比較

高齢化社会の味方はコエンザイムQ10

高齢化社会の昨今、いつまでも元気で若々しくいたいとアンチエイジングがブームになっています。
そんな人たちの健康維持やエイジングケアといえば、コエンザイムQ10です。

これは、補酵素と呼ばれるもので、エネルギーを生み出す“酵素”をサポートする働きを持っています。
1957年にキノン構造を持つオレンジ色の物質として発見されたものですが、100年に一度の成分、アンチエイジングの切り札として、高齢化社会の希望の光とも目されています。
コエンザイムQ10の最大の特徴は、先述の通り酵素を助けることですが、強い抗酸化作用を持つこともひとつです。
人は、激しい運動をしたり極度のストレスを感じたりすると、がんのもととなる活性酸素が発生します。

加齢により抵抗力や免疫力も落ちるため、こういった要因と相まって病気に罹りやすくなります。
そのような時に状況を覆すのが抗酸化作用のある成分です。
コエンザイムQ10が発見されるまでは、ビタミンEやCがその役目として支持されてきましたが、発見されて以降、抗酸化物質の代表として注目されています。
コエンザイムQ10は、肉類や魚類、緑黄色野菜や豆類にたくさん含まれています。
ただ、食品に含まれる量はごくわずかであり、食事だけで理想的な量を摂取するというのは無理があります。
コエンザイムQ10は、20歳を過ぎたころから次第に減少していく傾向にあります。
そのため、成人したら早速サプリなどで補給していくことがおすすめです。

老後を元気に過ごせるかどうかは、若いうちからの体調管理や予防が多いに関係するので、気づいた今からでも積極的に摂取するよう心掛けると良いでしょう。

トップに戻る