コエンザイムQ10に考えられる副作用とは
人気ランキング
厳選比較

コエンザイムQ10に考えられる副作用とは

コエンザイムQ10は、心臓の筋肉の中の細胞に多く含まれているため、心臓疾患のある患者さんにお薬として利用されているという事も知られています。
心臓の薬に利用されているという事を考えると、サプリメントや健康食品として利用する場合に、副作用という心配はないのか?と不安をお持ちの方も多いでしょう。
安心して利用できるに越したことはありません。

副作用という言葉についてですが、お薬について言われる言葉です。
サプリメントや健康食品として販売されているコエンザイムQ10などの商品は、あくまでも健康に良い効果が期待出来るという商品で、何かの症状を早急に治癒させるというものではありません。
お薬の場合、痛みや症状を無くす、改善させるために利用するもので、即効性のあるものが多いです。

お薬の場合、その薬を飲むことで吐き気をもよおしたり、お腹が緩くなったり、胃に良くないなど軽い副作用から、ステロイド剤のように様々な副作用を引き起こすものもあります。
強い薬ほど副作用も強いことが知られています。
これら薬物とサプリメントなど健康食品類とは、全くの別物として考えていくべきです。

もともと体内の細胞に存在するコエンザイムQ10は、仮に大量に摂取してしまったという場合でも、副作用はないだろうといわれています。
いわしや肉類などに含まれていますが、仮にこうしたコエンザイムQ10が含まれている食べ物を大量に食べたとしても、コエンザイムQ10を体内に大量に摂取したことによる副作用などはないと言っていいでしょう。

ただ、心臓のお薬を飲んでいるとか、慢性疾患をお持ちでお薬を持続的に飲んでいるという場合は、一応、担当医師に利用について確認を取っておくことが必要です。
体内に存在する補酵素がコエンザイムQ10ですから、目安量よりも多く摂取してしまったという場合でも、副作用などが起こる心配はありません。
常識を超えるほどの量を摂取してしまったという場合の報告はありませんが、一般的な摂取に関しては、安全性が高く安心して利用できる成分だと認識しておいていいでしょう。

トップに戻る